笑顔の写真家:酒井徹也

笑顔の写真家:酒井徹也

尾崎豊:2017年4月25日、没後25年の命日にて

4月25日は尾崎豊さんの命日。
生前「10代のカリスマ」と言われていましたが、そんな小さな枠には留まらず、没後25年を迎えてもなお多くのファンの心に生き続けています。
青山学院高等部に在籍中に帰り道に立ち寄った渋谷の歩道橋の上には、今も尾崎豊さんの記念碑(モニュメントプレート)が設置されており、その周りにはファンの書き込みであふれ、毎年、生誕と命日にこの場所でギター片手に演奏したりするファンが大勢集まります。
2017年4月25日で没後25年を迎え、この日、また沢山のファンが集まりました。
尾崎豊さんの記念碑の周りには、花束が飾られ路上には菓子などが供えられ、新たな書き込みをしている方もいらっしゃいました。
尾崎豊さんの記念碑の付近には、いくつものグループができて皆で尾崎豊さんの曲を熱唱しています。
23時を越えてもちょっと見た所3グループは残り、尾崎豊さんの歌を皆で熱唱していました。
若者から白髪のご年配の男女が皆で尾崎豊さんの曲を熱唱し、とても楽しそうに語り合っているのです。
「音楽は世代をこえて」と言いますが、ここには尾崎豊さんの曲で皆一つにつながっている素晴らしい世界が存在しました。

没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前

没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前


 
没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前

没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前


 
没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前

没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前


 
没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前

没後25年4月25日命日「尾崎豊」記念碑前

平成29年3月15日「共立女子大学」学位記授与集合

共立女子大学家政学部児童学科:学位記授与集合写真

ご卒業おめでとうございます。
素敵な笑顔を頂戴し、ありがとうございます。
こちらのページで共立女子大学家政学部児童学科の関係者様にのみ鍵付公開させて頂きましたが、授与式から1週間を過ぎましたのでこちらの記事内容を削除いたしました。
こちに掲載させて頂きました写真画像が必要な関係者様がいらっしぃましたら、お問い合わせフォームよりご一報頂けましたら、再度、鍵付公開させて頂きます。
何卒よろしくお願い致します。

平成29年3月15日「共立女子大学」学位記授与式後

共立女子大学家政学部児童学科:学位記授与式後

ご卒業おめでとうございます。
素敵な笑顔を頂戴し、ありがとうございます。
こちらのページで写真に写っているグループの方にのみ鍵付公開させて頂きましたが、学位記授与式から1週間を過ぎましたのでこちらの記事内容を削除いたしました。
こちに掲載させて頂きました写真画像が必要な関係者様がいらっしぃましたら、お問い合わせフォームよりご一報頂けましたら、再度、鍵付公開させて頂きます。
何卒よろしくお願い致します。

平成29年3月15日「共立女子大学」学位記授与式前

共立女子大学家政学部児童学科:学位記授与式前

ご卒業おめでとうございます。
素敵な笑顔を頂戴し、ありがとうございます。
こちらのページで写真に写っているグループの方にのみ鍵付公開させて頂きましたが、学位記授与式から1週間を過ぎましたのでこちらの記事内容を削除いたしました。
こちに掲載させて頂きました写真画像が必要な関係者様がいらっしぃましたら、お問い合わせフォームよりご一報頂けましたら、再度、鍵付公開させて頂きます。
何卒よろしくお願い致します。

過去と現在と未来とありがとうの写真

もう一人の自分が 今 ここに居て 時には厳しく 時には優しく 自分自身を見守って
身体の状態や心のバランスを保とうとしている
だけどそんなことを忘れて 時にはがむしゃらに 時にはのほほんと 無意識に生きてる

過去と現在と未来と 沢山の情報が複雑に絡み合って 機能停止寸前 脳みそ爆発寸前
気づかないまま自分自身を 縛り付けていたんだ

戻らない過去を悔やみ 見えない未来にあれこれ憶病になって
今、何をするのか分からなく 体の感覚さえ分からないほど 固く鈍く身動きが取れない

今できる事 今やるべきことだけに集中する一時が必要なんだ
ゆっくりと 深く呼吸しながら
つま先を動かし 少しずつ上の部位を動かし 頭の天辺まで繰り返し
自分自身の身体の状態を知り ゆっくり緩めてあげよう

感じたり行動したした瞬間に 現在から過去へと変わってく
限りある人生 現在という不完全な人体を借りて 未来を駆け抜けて行くんだ

大切に見守ってくれてる あなたが居ると 信じさえすれば生きて行ける
そう信じて今を生きれる あなたにめぐり合えた
そう信じて今を生きれる 「ありがとう」を伝えて行くんだ

ありがとうの輪

何かここに書こうと思うと構えてしまう
良いところを人に見せたいと心のどこかにある証拠だろう
大抵の人は皆そういうところは同じじゃないかな
昨年もワクワクする出会いがあった
今年も既にワクワクする出会いが始まる兆しが見えた
声をかけてもらえるのは何歳になっても嬉しい。

ある人が言っていた「好きなことをやっていてお金に不自由していない人が一番幸せ」だとすると「好きなことをやっていて生活が大変な人」は、2番目に幸せな人。「大金を得て遣りたくない仕事を無理してやっている人」より幸せなんだ。
自分を信じてやりたいことをチャレンジしている人にとって救われる言葉だ。
しかし、遣りたくない仕事などを無理してやってくれている人がいるからこそ、好きなことをやって自分は暮らせるのかもしれないという思いがある。
そもそも人それぞれで、人の幸せを文字で分類して順列を付けられるものではない。
自分のやらない、出来ない、至らないことを誰かがやってくれて自分が生きていられる。
自分は生かされているのだと知った。

人の為に役に立ちたいという欲求がある
しかし、これは自分を満足させる為の欲でもある
何方かのお役に立たさせた頂けたことは、また一つ幸せを頂いたこと
ありがとうの輪が世界中に広がっているのだ。

音楽アーティスト写真

◆音楽アーティスト写真
アーティスト写真は、バンドやアーティストのイメージカラーが定まるとても重要な写真です。
1.バンドの方向性はどうでしょうか?
2.メンバーそれぞれの方向性はどうでしょうか?
ここで言っております方向性とは、人間性、音楽性の軸となるものです。
メンバーそれぞれが音楽を始めた切っ掛けから始まり、目指している音楽であったり、どういう人生を歩もうとしているかなどを具体化した文書を作成してみてください。
それは、生きたプロフィール文書となるでしょう。
目指すことを具体的に文書化して、それを口にすることにより、目標に一歩近づく。
自分を信じることから成功に導かれる。

バンドやアーティストの内面を表現する音楽アーティスト写真の場合は、口角の上がった形状の笑顔の写真が適さないことが多々あります。
アーティストがパフォーマンスをやりきれている表情は、必ずしも口角の上がった形式上の笑顔ではなく、成りきれている場面の姿こそが真の笑顔い通ずる笑顔の写真と解釈しております。
皆様のご利用目的な合わせたイメージカットを撮影します。

◆アーティストとファンの絆
大きな目標に対して最初はバカにする人も多いでしょう。しかし、継続して頑張っている姿を毎度目にすることにより、チャレンジしている本気さが伝わり熱狂的ファンに変身してくれます。
アーティストに限らずチャレンジしている本気さが応援して下さる方々の愛情のバロメータに繋がっていると信じています。
自分を信じてひたすら人生を駆け抜けることのむずかしさに打ちのめされ、あきらめてしまう人がほとんどです。
ですから、本気でチャレンジしている人が成功してゆく姿に人々は憧れ、惜しみなく愛情を注いで下さる方々がいらしゃるのでしょう。

◆相対する大切な教訓
毎度チャレンジしているのです。
思い通りに進まないことが多々あるのは当然です。
チャレンジしない者に成功は無し。

平凡な人生をつまらない人生だと嘆くことなかれ
失って初めて気づく平凡な人生を過ごせる幸せ。

今、生かされてあれこれ思い経験できることに感謝。

過去の経験がもたらす「~であろう」の判断ミス

人は過去に自らが経験した事柄をパターン化して、再び同じ様な状況が起きそれを判断する時、過去の成功例からそれを選択する癖があります。しかし、全く同じ状況であることはまず無く、その判断に縛られて失態を犯す事がよくあります。
それぞれの人が、同じ様な事に対し違う経験により行動している事に気づかず、各々が「~であろう」行動し、各々誤判断してしまう事があるのです。

これまで修学旅行や移動教室などで、タイムスケジュールが変更されたり行き場所が追加されることは有っても、学校のしおりで定められている場所が変更されることは有りませんでした。
今回、修学旅行1日目に旅行会社の添乗員が学校のしおりの内容を確認してタイムスケジュールを変更しましたが、学校側のしおりと添乗員の日程表の行き場所が違っていることに気づかずに、添乗員のスケジュールの通り実施されたことによりトラブルが生じました。
行き場所など違えば料金も違うので、常識的には有りえないことと思っていましたが実際に起きた出来事です。
少なくとも旅行会社は、出発前に学校のしおりの日程スケジュールを確認し、スケジュールに相違が無いことを確認しておく必要があるでしょう。
やむおえず、行き場所が追加されたり変更が起きた場合は、口頭連絡で済ませず訂正したスケジュール表のペーパーを配布して間違え防止する配慮が必要な重大な事でしょう。

生徒の方々のとてもよい笑顔の写真を写すことができました修学旅行でした。
サポート側のトラブルでご迷惑をお掛けしません様により改め、皆様の思い出づくりのお手伝いをする心して精進して参ります。

渋谷ハロウィンナイト2016最終日vol.3/3

2016年のハロウィン最終日、18:00頃渋谷駅に到着するも駅前から既に身動きできずスクランブル交差点をなんとか渡りわしたもののセンター街の人の多さに圧倒されしまい、とりあえず待機できる場所を探してみました。
車両通行規制の区域でようやくハロウィン仮装を見物できる余裕ができたので、スナップ撮影をしてみました。
声をかければ大抵、快く素敵な笑顔を撮影させてもらえるのはハロウィンの日ならでわです。
皆さま、ありがとうございました。

渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 

渋谷ハロウィンナイト2016最終日vol.2/3

2016年のハロウィン最終日、18:00頃渋谷駅に到着するも駅前から既に身動きできずスクランブル交差点をなんとか渡りわしたもののセンター街の人の多さに圧倒されしまい、とりあえず待機できる場所を探してみました。
車両通行規制の区域でようやくハロウィン仮装を見物できる余裕ができたので、スナップ撮影をしてみました。
声をかければ大抵、快く素敵な笑顔を撮影させてもらえるのはハロウィンの日ならでわです。
皆さま、ありがとうございました。

渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 

渋谷ハロウィンナイト2016最終日vol.1/3

2016年のハロウィン最終日、18:00頃渋谷駅に到着するも駅前から既に身動きできずスクランブル交差点をなんとか渡りわしたもののセンター街の人の多さに圧倒されしまい、とりあえず待機できる場所を探してみました。
車両通行規制の区域でようやくハロウィン仮装を見物できる余裕ができたので、スナップ撮影をしてみました。
声をかければ大抵、快く素敵な笑顔を撮影させてもらえるのはハロウィンの日ならでわです。
皆さま、ありがとうございました。

渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 
渋谷ハロウィンナイト最終日2016

渋谷ハロウィンナイト最終日2016


 
渋谷ハロウィンナイト2016最終日

渋谷ハロウィンナイト2016最終日


 

私的妄想世界

「大きな目標を達成するために小さなステップの目標をたてて、階段を登るように目標達成せよ」と言うが、描いたように成功するほど人生あまくない。
その時代、その時々にマッチした様に自分を変えられる柔軟性が必要になってくる。

近年益々、多くの人々は自分たちが食べることに必死になっており、その様な労働をしなければ暮らしていけない。
一方、様々な技術革新により人員が必要な労働は減っており、高い技術や能力を使いこなせる一部の人だけが高い給料をもらい、貧富の差が益々脹らんでいる。
年金、保険といった社会保障にも大きな無理が生じているのに、市場の状況で対価が決まっていく賃金に所得の分配を任せていては、社会そのものが回らなくなるのは当然でしょう。

通貨、電子マネー、株式といった人類の約束事が機能しなくなってきている危うさを感じている人は少なくないだろう。
今まで絶対としている固定観念を頭から消し想像してみると、通貨、電子マネー、株式といったものは人類の約束事であって、実際は存在しないものである。
これらの世界中雁字搦めに支配されているようなものを無くしてしまえば、本来持つ人間らしくなるのではないだろうか。
これは、これらの利権者が今までの権力を失い、人類平等にグッと近づくことでもある。
世の中に素晴らしい発想があったとしても、利権の強い人々に都合のよろしくないことは闇に葬られる現在の世であろう。

今後、更に人工知能ロボット化が進み、人類がその気にさえなれば世界中の皆が働かなくとも食べていける世の中が実現できる。
しかし、人工知能は戦争兵器への組み込みが盛んに進められ、実践に使われ人の命を奪っている。
人は、自分以外の人と比べて自分の優劣を確認する習性があり、他人より優位に立っていないと不安な人が大多数のようだ。
どれだけ経済成長すれば、どれだけ他国を打ち負かし強い権力の国になれば満足するのだろう。

「夢を見るから、人生は輝く」というが、絶望の連続で夢を見れないで人生を終えた人は輝けなかったのか?
そうではない、たった一つの自分の人生から逃げずに駆け抜けて行った人生は輝いているでしょう。
「叶う夢など夢ではない」のだと言う人もいる。
私と出会い関わって頂いた皆様、また、これから出会う方々に感謝し残された人生を世界平和の笑顔の花咲く夢へ少しでも近づけて行きたい。